ソ・イングクが新兵訓練をする第5師団とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ソ・イングクが3月28日に入所したのは第5師団の新兵教育隊である。第5師団は京畿道(キョンギド)の漣川郡(ヨンチョングン)にある。そこは韓国の一番北側だ。果たして、第5師団とはどんな師団なのだろうか。

第5師団の訓練風景(写真=韓国陸軍公式サイト)

第5師団の訓練風景(写真=韓国陸軍公式サイト)

緊張感がかなり違う

まず、漣川郡(ヨンチョングン)を確認しておこう。
韓国で京畿道(キョンギド)というのは首都圏をさしているが、漣川郡は首都圏というイメージからは、はるかに遠い。
なにしろ、京畿道の最も東北側にあり、東側は江原道(カンウォンド)だ。




そして、北側は軍事境界線である。民間人が立ち入りできない地域もかなりあるのが漣川郡なのだ。
この漣川郡で新兵訓練をするというのは、たとえば韓国中部の論山(ノンサン)にある陸軍訓練所での訓練と比べると、緊張感がかなり違う。ソ・イングクも、気を引き締めて第5師団の新兵教育隊に入所したに違いない。
(ページ2に続く)

2PMの兵役メンバーの最後にチャンソンが入隊!

2PMのJun.K が選ばれた特級戦士とは何か

2PMのジュノが兵役入り!芸能人が社会服務要員になると何が起こるか?

兵役に入った2PMのジュノはどんな新兵訓練を受けるのか

2PMのジュノ!社会服務要員としての毎日がわかるQ&A

除隊した2PMテギョン!まさに「堂々たる帰還」だった

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る