康熙奉(カン・ヒボン)が語る「仁祖(インジョ)の功罪」(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

光海君(クァンヘグン)に代わって王となった仁祖ですが、特別な政策を持っていたわけではありません。あくまでも、弟を殺されたという私憤と、王になりたいという野望でクーデターを起こしたのです。

m6R63ptvLh_2_5q1488266208_1488266229

統治者としての評価

実際に王になってみると、仁祖は統治者として不適格な面も出てきます。そのあたりは、韓国時代劇『華政(ファジョン)』でもしきりに描かれていました。
ドラマの中で、即位直後の仁祖の精神的な不安感がすごく強調されていました。




確かに、クーデターを起こすまでの仁祖は、統率力のある見事なリーダーだったと思いますが……。
王になった後の政治家として見ると、足りない部分が多すぎたのです。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)と綾陽君(ヌンヤングン)と貞明(チョンミョン)公主

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(16代王・仁祖編)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る