康熙奉(カン・ヒボン)が語る「仁祖(インジョ)の功罪」(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

光海君(クァンヘグン)に代わって王となった仁祖ですが、特別な政策を持っていたわけではありません。あくまでも、弟を殺されたという私憤と、王になりたいという野望でクーデターを起こしたのです。

m6R63ptvLh_2_5q1488266208_1488266229

統治者としての評価

実際に王になってみると、仁祖は統治者として不適格な面も出てきます。そのあたりは、韓国時代劇『華政(ファジョン)』でもしきりに描かれていました。
ドラマの中で、即位直後の仁祖の精神的な不安感がすごく強調されていました。




確かに、クーデターを起こすまでの仁祖は、統率力のある見事なリーダーだったと思いますが……。
王になった後の政治家として見ると、足りない部分が多すぎたのです。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)と綾陽君(ヌンヤングン)と貞明(チョンミョン)公主

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(16代王・仁祖編)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る