康熙奉の朝鮮王朝秘話!英祖と思悼世子の確執2

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回 告発された世子

思悼世子(サドセジャ)をめぐって朝鮮王朝が大混乱に陥ったのは、1762年5月22日のことだった。世子が住む東宮(トングン)で働く羅景彦(ナ・ギョンオン)という者が、「世子が内侍(ネシ/王宮に仕える宦官)たちと組んで謀反をたくらんでいます」と訴え出てきたのである。

dsc_0045

10項目の問題行動

謀反というだけで王朝の一大事なのに、その首謀者が世子の思悼世子だという。政権の中枢にいる高官たちの驚きは尋常ではなかった。

それは、報告を受けた英祖(ヨンジョ)も同様だった。彼はすぐに王宮のすべての門を閉じるように命じ、緊急事態を発令した。

政権の重臣たちが集まり王に謁見した。彼らの前に、告発者の羅景彦が引っ張りだされてきた。




それは羅景彦も望むところだった。彼はもったいぶりながら、懐から一つの書状を取り出した。そこには思悼世子の問題行動(非行、殺人、浪費など)が10項目にわたって書かれてあった。

それが果たして事実なのかどうか。英祖は信じられない思いだったが、とにかく思悼世子の弁明を聞いてみたいと思った。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]

●平昌五輪
●雲が描いた月明り

●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

ページ上部へ戻る