いま読みたい!人気俳優物語16

このエントリーをはてなブックマークに追加

第16回/ソン・スンホン(後編)

2008年8月21日。ドラマ『エデンの東』の制作発表会が行なわれた。MBC創立47周年の記念作品。まさに、MBCが社運をかけた大作で、香港などの海外ロケも行ない、総額250億ウォンという制作費を投じている。

´EE¼ö»óÇÑ ¼Û½ÂÇåÀÇ ¹Ì¼Ò

タフな性格が共通点

『エデンの東』の出演陣も錚々たる顔ぶれで、ヨン・ジョンフン、パク・ヘジンという人気俳優が集まる中で、ひときわ輝いていたのが主役のソン・スンホンだった。

「内容がいいし、すばらしい俳優が大勢出演します。私も一生懸命に演じます」

ソン・スンホンが演じたのは貧しい炭鉱村に生まれたイ・ドンチョル。炭鉱労組の闘士だった父が理不尽に殺されたあと、復讐を誓って過酷な運命に挑んでいく。時代背景は1960年代から1990年代にかけての激動期。ソン・スンホンはイ・ドンチョルになりきって、激動の時代を駆け抜けていった。




特に、家族や愛する女性のためならどんな苦労も厭わないというタフな性格が、ソン・スンホンとイ・ドンチョルに共通している点だ。

そういう意味では、ソン・スンホンは等身大の自分を演じている場面も多かった。その際にも、軍隊での過酷な日々が役立っている。(ページ2に続く)

いま読みたい!人気俳優物語14

いま読みたい!人気俳優物語15

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る