いま読みたい!人気俳優物語15

このエントリーをはてなブックマークに追加

第15回/ソン・スンホン(中編)

2003年にNHKのBSで『冬のソナタ』が放送され、翌年4月からはNHKの総合テレビでもオンエアされた。これを機会に、日本でも韓流ブームが起こり、韓国ドラマの注目度は高まった。韓国では海外を意識した大作ドラマが企画されるようになった。

¼Û½ÂǁE À±¼®È£PD ÇູÇϼ¼¿

芸能界の兵役忌避問題

クォン・サンウ、キム・ヒソンとの共演が話題を呼んだのが、2004年のドラマ『悲しき恋歌』だった。

ソン・スンホンも期待に胸を膨らませてオーストラリアへの海外ロケに向かったのだが、その直後に発覚したのが芸能界の兵役忌避問題である。兵役を意図的に逃れたことが明らかになった俳優の中にソン・スンホンも含まれていた。




人気商売の芸能界。男優は誰もが兵役を恐れる。その空白期間の間に人気が落ちてしまうのではないか、という不安がつきまとうからだ。

それは恐怖に近いものだ。ソン・スンホンもそれを払拭することができず、意図的に兵役を逃れてしまっていた。

この一件が明らかになると、ソン・スンホンは『悲しき恋歌』の出演を取りやめ、心から反省して謹慎した。それから入隊し、2年間、彼は真摯に兵役をこなした。(ページ2に続く)

いま読みたい!人気俳優物語14

いま読みたい!人気俳優物語16

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る