韓国女性の生き方〔第8回〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

第8回 韓国女性が経験した日本の震災

KAZ85_P7140879_TP_V

5年前を思い出す

今回の熊本地震でお亡くなりになった方々に心から哀悼の意を表します。被災された方々にお見舞い申し上げます。

韓国は地震がない国なのですが、私も日本で大きな地震を体験しました。2011年3月11日の東日本大震災です。

みなさんは、どこで何をしていましたか。私は東京・千代田区にある事務所で仕事をしていました。

軽く揺れ始めた時はめまいかと思いました。ひとりでいて声をかける同僚もいなかったのですが、なぜか本能的に非常口へ向かいました。4階でしたが大通りを見下ろしたら通行人が上を見上げていました。ビルの揺れを気にしていたのでしょう。




これは間違いなく地震だと判断がつき、外に出ようとしたら、上の階からダダダダと降りてくる足音や叫び声が聞こえてきました。何人かが、激しく揺れるビルの壁にしがみついて怯えながら階段を降りていきました。

あまりの恐怖感で泣きたくなりました。やっと大通りに出るとサラリーマンやOLで大通りが一瞬埋まってしまいました。サイレンの音がしました。20メートル先では水道管が破裂したのか、水が噴水みたいにあふれ出ていました。向かいのビルからはガラスが割れて破片が落ちてきました。(ページ2に続く)

韓国女性の生き方〔第9回〕

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る