東方神起ユンホが所属する軍楽隊のすべて(中編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

バンドを組んでコンサートにも登場

●打楽器

軍楽隊においては打楽器が特に重視される。力強いリズムを刻むことが軍務に合っているからである。

打楽器の数は非常に多いが、通常の軍楽隊で使われるのは、シンバル、大太鼓、小太鼓である。

そして、打楽器は全体で4人前後が編入される。

ユンホは打楽器の奏者として第26師団の軍楽隊に選ばれているので、彼は打楽器の練習に励んだことだろう。

以上が、軍楽隊の正式な楽器構成である。




各種の行事においては、各楽器の担当者が全員集まって、軍楽隊長の指揮のもとで立派な演奏を繰り広げていく。

しかし、出番はそれだけではない。

正式な行事以外にも、簡易的なバンドを組んで民間向けのコンサートに出向いていくことも意外と多い。

その際には、ギター、ベース、キーボード、ドラムという構成になったりして、ボーカルがかならずメインを務めている。

こうした場合に、メインボーカルをユンホが担当して、すばらしい歌声を響かせたりする。また、踊りなどのパフォーマンスをステージ上で披露してファンの喝采を浴びることもある。

以上のように、軍楽隊の役割は本当に幅広いのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

東方神起ユンホが所属する軍楽隊のすべて(後編)

兵役で芸能人がよく所属する軍楽隊とは何か(再読版)

これだけは知っておきたい「兵役の基本」!

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

芸能人の兵役が気になったらまず知るべき基本知識!

ページ:
1 2 3

4

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る