ネットで批判されたイ・ミンホの兵役問題を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

芸能活動は兵役延期の理由になる?

繰り返すが、イ・ミンホが交通事故で重傷を負った経緯を勘案されて公益判定を受けたのは、理にかなった決定であった。

今の韓国軍は、「いまだ脚にボルトを埋め込んだ若者を軍隊に入れる」という状況ではない。むしろ、役所で勤務することによって社会奉仕に貢献するほうが、本人のためにも国のためにも良い選択なのである。

公益判定というと、軍務を回避していると見られる風潮が残っていることは否定しないが、以前の感覚で兵役を捉えるのは実情に合っていない。「徴兵検査の精度が上がっている」「韓国軍は大幅な兵士削減が予定されている」という変化を認めなければ、現状を正しく認識することはできないのだ。

次に、「公益判定なら、もっと早く兵役に入るべし。長く延期しすぎている」という批判について考えてみよう。




韓国の兵役法によると、「30歳を越えて兵役の延期はできない」と規定されている。文面をよく読むと、30歳までは延期ができるということがわかる。イ・ミンホの兵役計算年齢は今年いっぱいは「29歳」。彼はまだ十分に兵役が延期できる状況にある。

ただし、韓国で想定している兵役延期の正当な理由は主に「学問のため」。つまり、「在学中」が大きな条件になる。多くの芸能人が「大学や大学院に在学中」を理由にして兵役を延期しているのは、まぎれもない事実だ。

では、芸能活動は延期の理由にならないのだろうか。

法律の規定には入っていない。あくまでも兵務庁が、芸能人の活動を評価して兵役延期を認めているのである。逆に言えば、もし兵務庁が認めなければ、対象者はすみやかに兵役入りしなければならない。(ページ4に続く)

ページ:
1 2

3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る