イ・ミンホとチャン・グンソクが生まれた年に韓国で何が起こったのか(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イ・ミンホとチャン・グンソクが生まれたのは1987年だ。今から29年前である。その1987年に韓国では民主化を求める市民と学生のデモが全土を揺るがせた。事態をおさめるために、大統領の全斗煥(チョン・ドゥファン)と野党指導者の金泳三(キム・ヨンサム)が、6月24日に会談を行なった。

QNh7eQYYRLw3e661467099411_1467099471

政情は混迷するばかり

会談で金泳三は1987年4月の大統領特別談話(大統領選挙を直接制でなく間接制で行なうことを表明)を取り消すことを求めたのに対し、全斗煥も「改憲論議を再開することが望ましい」と応えて、事実上特別談話を撤回した。

しかし、両者の会談は決して実りのあるものにはならなかった。結果から言えば、不調に終わったのだ。

国民の間には失望感が広がった。




26日午後6時からは、在野団体「民主憲法奪取国民運動本部」が主催する国民平和大行進が全国各都市で開催される予定となった。警察はこの大行進を不法デモとして厳重に取り締まる方針を打ち出し、6万人近い戦闘警察を動員して朝から大がかりな検問を実施。さらに在野の指導者たちを自宅軟禁する処置に出た。

これに反発した学生たちは全国各地の都市で戦闘警察と激しく衝突。政情がさらに混迷の度合いを深めていく中で、民主党は「現政権を終わらせるために徹底的な闘争を行なう」と、悲壮な覚悟で民主憲法奪取への闘争継続を宣言した。

韓国は、もはや何が起こってもおかしくない状況に追い込まれた。情勢は逼迫するばかりだ。その最後の危機において、劇的な反転があった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る