日本のコリアをゆく(百済寺跡・鬼室神社編2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

時は660年である。百済(ペクチェ)の義慈(ウィジャ)王は、在位が長くなって堕落した。そんな王のもとで国力が衰えるのも仕方がなく、新羅(シルラ)・唐の連合軍が攻めてきたときに、百済はなすすべがなかった。とはいえ、滅びゆく百済を必死に守ろうとした人物として有名なのが階伯(ケベク)将軍である。

身を投げた3千人の宮女

ドラマ『階伯(ケベク)』ではイ・ソジンが階伯を演じた

ドラマ『階伯(ケベク)』ではイ・ソジンが階伯を演じた

当時、階伯は都の扶余(プヨ)を守る最高司令官だった。

彼はこの戦いに勝ち目がないことを悟っていて、出陣する前に家で妻子を自らの手で死に至らしめている。国が滅んだとき、妻子の行く末は奴隷になるか辱めを受けて死ぬかのどちらかになると見越し、尊厳を守れるうちに妻子を天国に送ったのである。

そして、階伯は精鋭5千人の兵とともに新羅・唐の連合軍に立ち向かった。敵は十倍以上の巨大軍団。百済軍は勇敢に戦ったが、最後は壮絶に全滅した。かくして、都の扶余は新羅・唐の連合軍によって陥落した。

唐の司令官は勝利に浮かれ、都に火を付けた。扶余は7日間燃え続けてすべて灰になったという。降伏した義慈王は、捕虜として唐に連行されていった。




ただし、辱めを受けることを恥じる宮中の女性たちは、自ら川に身を投げた。その数は3千人と言われていて、その女性たちが身を投げた岩は「落花石」として現在でも扶余に残り、悲劇の歴史を今に伝えている。

百済の王家は崩壊したが、再興を信じて反撃に転じる人も多かった。そうしたゲリラ戦で頭角を現したのが、鬼室(キシル)福信(ポクシン)だった。

この福信は、義慈王のいとこであり、王家の血筋を受け継ぐ者だった。何よりも彼は、戦略性に優れた武将であり、百済で生き残った兵を集めて各地で壮絶な反撃を行ない、次々に城を奪い取って領土を回復していった。

百済の再興も十分に実現可能だった。そこで、鬼室福信は日本に特使を派遣し、当時日本にいた百済の王子である豊璋(ほうしょう)を百済に戻してくれるように要請した。義慈王と王子たちは捕虜として唐に連れていかれ、百済には王の直系の子孫がいなかったからである。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る