超新星ゴニル入隊!待ち受ける白骨部隊の新兵訓練

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

超新星のゴニルが4月26日に入隊した。場所は、江原道(カンウォンド)・鉄原(チョロン)にある陸軍・第3師団の新兵訓練所だ。陸軍の場合、論山(ノンサン)にある陸軍訓練所で新兵訓練を受けることがとても多いが、ゴニルは第3師団に入ってそこで鍛えられていく。

軍事境界線を守る第3師団

第3師団がよく行なっている「捜索・偵察」訓練(写真/韓国陸軍公式サイトより)

第3師団がよく行なっている「捜索・偵察」訓練(写真/韓国陸軍公式サイトより)

第3師団で新兵訓練を受けるということは、除隊まで第3師団で軍務に励む可能性が高い。正式なことは新兵訓練の終了後に明らかになるのだが……。

第3師団がある鉄原は、ソウルから見れば直線距離で北に80キロメートルの地点。軍事境界線のすぐ南側である。冬は寒い。零下20度を下回ることが多く、風が強いと体感温度はすぐに零下40度以下になる。

この極寒の地を防衛する第3師団は勇猛軍団として有名だ。




別名は「白骨部隊」。白骨になるまで戦い抜く気構えを持つことが伝統になっている。なにしろ、シンボルマークは頭蓋骨。いかにも怖そうだ。

しかも、軍事境界線の南側を防衛する重要な任務を負っている。陸軍の中でも最強の1つと称されるのは、任務が特別だからである。

特に第3師団で重要なのが「捜索・偵察」訓練である。これは、軍事境界線を越境してくる北朝鮮の兵士を見つけ出す訓練である(写真参照)。軍用の犬を連れて、潜んでいる敵側の兵士を捜索することが特に重視されているのだ。(ページ2に続く)

白骨部隊の新兵教育隊ではどんな毎日を過ごすのか

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

白骨部隊の新兵教育隊ではどんな訓練をするのか

白骨部隊(第3師団)がある鉄原(チョロン)はどんな所なのか

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る