超新星ゴニル&ソンモを見送るファンの心構えとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

超新星の2人の入隊が間近に迫った。ゴニルは26日、ソンモは28日に兵役入りする。直前にはそれぞれファンミーティングが開かれ、入隊当日も見送り会が予定されている。ファンにとっては2人を励ます機会があるわけだが、その後はどんな心構えを持っておけばよいだろうか。

知らないことが多いと不安になる

22fAiJ_qvgZi1RX1461375981_1461376107

韓国の母親たちは、涙を流しながら溺愛した息子たちを軍隊に送っている。

日本のファンも、その心情を少しは理解できるのではないか。

愛する人と21カ月も別れなければならないというのは、言葉で言い表せないほど寂しく辛いものである。

しかし、現実を受け入れなければならない。日本と違って韓国には徴兵制があり、男子はかならず兵役を全うしなければならないのである。




そうであるならば、愛する人が立派に義務を果たすことを応援するのも、待つ人の務めと言えるかもしれない。

大事なことは、いたずらに不安感を募らせないことだ。

韓国の兵役事情がわからないと、「あの人はどんな辛い目にあわされるのか」と不安になってしまう。

まずは、韓国の兵役に関する正しい知識を持つ必要があるだろう。

難しく考えることはない。最小限のことを知っておくだけでも、心の持ち方が違ってくるのである。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る