日本のコリアをゆく(広島・鞆の浦編3)

このエントリーをはてなブックマークに追加

瀬戸内海の潮待ち港

DSCF0766

鞆の浦は昔から潮待ち港だった

なぜ、鞆の浦は栄えたのか。

地元の人に話を聞いた。

かつて、海上建造物の建設に従事していたという60代の男性が、鞆の浦の地理的な特性について詳しく教えてくれた。

「鞆の浦は昔から潮待ち港として栄えました。瀬戸内海のちょうど中間に位置していて、ここで潮の流れが変わるんですよ。なにしろ、干潮と満潮では3m以上も差があって、山口県のほうへ流れる潮と、兵庫県のほうに流れる潮が分かれます。船はここで待機しながら、潮の様子を見きわめるわけです。朝鮮通信使の船がここに宿をとったのも当然でしょう。景色を堪能しながら、いい潮になるのを待つわけですから、なかなか優雅ですよね。多くの船が集まるので町も賑やかになり、昔は遊廓もありました」




こうした話を聞いても、鞆の浦が瀬戸内海の中でも特に重要な場所であったことがよくわかる。

けれど、交通手段が鉄道や車が主になり、鞆の浦の立地条件も必然的に変わらざるをえなくなった。

人の出入りは少なくなり、今は静かな海辺の町になっている。それがかえって、過去を振り返るのにふさわしい哀愁を呼び起こしてくれる。
(ページ3に続く)

日本のコリアをゆく(広島・鞆の浦編1)

日本のコリアをゆく(広島・鞆の浦編2)

日本のコリアを行く(埼玉・高麗編1)

日本のコリアをゆく(百済寺跡・鬼室神社編1)

日本のコリアをゆく(静岡・清見寺編1)

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る