ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

海兵隊で何を得たのか

訓練3

厳しい訓練を経て得るものは?(写真/韓国海兵隊公式サイトより)

海兵隊の訓練が厳しいのは、志願兵だけで構成されていることが大きな理由になっている。みんなが自ら望んで海兵隊に来ているのだ。しかも、訓練が一番厳しいことで有名なのに、それでも海兵隊に来ようとしている。
そういう志を持った人たちが集まっているという意味で言うと、軍隊の中でも海兵隊は訓練に対する取り組みが半端ではない。




そういう別格なものに挑んでみようという人たちが確実にいる。その人たちには、「訓練が厳しいほど自分には乗り越えていかなければならないものがある」という強い意志が備わる。
兵役のない世界からすれば想像しにくいことだが、人は生まれた国で育っていく中で、信念として持たざるを得ないものもある。「海兵隊に志願する」というのもその一つと言えるだろう。
海兵隊で兵役を全うしたヒョンビン。彼は海兵隊で何を得たのか。
「自分の限界に挑んでみたくて海兵隊に志願したのです。身体的にも精神的にも、新しい作品に入る度に気持ちを込めて演技してきましたが、軍隊生活で生じる限界はそれともまた別のものじゃないですか。30代で俳優に戻る前に、今の時点で自分を一度見つめなおし、今後の将来に向けてじっくり考えてみたかったのです」
「厳しい訓練が続き、もう耐えられないと観念した瞬間に周囲を見ると、他の人たちは同じ状況で耐えているじゃないですか。それで、私も耐えることができました。もし、私がここで倒れてしまったら、同じように倒れてしまう人も出てくるだろう。それではいけないから、必死に耐えたんです」




本当に厳しい訓練を乗り越えたことで、ヒョンビンは一回りも大きな男になった。海兵隊での経験は、今後の俳優人生にきっと生きてくるだろう。

(文=康 熙奉〔カン ヒボン〕)

超解説!海兵隊とは何か?

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(前編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(中編)

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター

兵役中のスターがイジメを受ける可能性は?

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る