韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールするまで気が抜けない

123

行軍の際には仲間との連帯感が生まれる(写真/韓国陸軍公式サイトより)

いざ戦争が始まれば、軍人たちが長い距離を移動することはとても多い。そういう意味でも、行軍はとても重要だ。

まさに、新兵訓練の試金石とも言える。みんなと歩調を合わせてこの訓練を乗り越えないと、その先には進めない。

逆に言えば、これをやり遂げることによって、ほぼ新兵訓練が終わる。つまり、最後の関門なのだ。

「行軍を成功させればすべてが終わる」

そういう目標にもなる。みんな、家族や恋人の顔を思い浮かべながら必死にがんばるのである。




しかし、ゴールが近くなると、それだけで緊張が緩んでドッと疲れが出て倒れ込んでしまう新兵もいる。

そんなときは、小隊長が「最後まで緊張感を持ってやり抜くんだ。すぐにゴールだと思ってはいけない」と新兵を激励する。

その末に、ようやく行軍が終わる。およそ500人から600人くらいが一度に行軍から帰ってきてゴールする姿は壮観である。

新兵たちの顔には「やり遂げた」という充実感がある。まさに、新兵訓練のクライマックスが行軍なのだ。

(文=康 熙奉〔カン ヒボン〕)

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(4)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

韓流スターの兵役で特に知っておくべきこと

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

韓流スターたちは兵役中にどう過ごすのか

韓流スターの兵役はきびしく監視されている

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る