『テバク』に出てくるトンイは悪女?

このエントリーをはてなブックマークに追加

テギルが捨てられた理由

チェミンス

テギルを捨てる決断をした粛宗を演じるのは名優のチェ・ミンスだ(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

実は、淑嬪崔氏は時代劇『トンイ』で思慮深く誠実な善人として描かれていたが、『朝鮮王朝実録』(朝鮮王朝の正式な歴史書)を丹念に読むと、イメージと違う実像が浮かび上がってくる。

実際、淑嬪崔氏の言動が様々な政変を引き起こしている。そういう意味では、朝鮮王朝の裏舞台で暗躍した女性、と思われても仕方がない。




さらに、彼女には金春沢(キム・チュンテク)という愛人がいた、という噂も当時の宮中を賑わせていた。『テバク』でこの噂がどのように扱われるかは現段階で不明だが、テギルが王子でありながら捨てられるという設定になる以上は、淑嬪崔氏の暗躍の部分も大きく描かれるに違いない。

何よりも、史実と違う善人物語が好きなイ・ビョンフン監督が制作した『トンイ』のイメージを持ったまま『テバク』を見ると、視聴者も淑嬪崔氏の描かれ方の違いに戸惑うことだろう。

同時代の女性なら張禧嬪(チャン・ヒビン)が典型的な悪女として有名だが、史実を知ると、淑嬪崔氏は張禧嬪を上回る悪女であった可能性が高い。果たして、『テバク』のナム・グォン監督は淑嬪崔氏の本性をどう暴いていくのか。それもストーリーの重要な部分になるだろう。

(文=「ロコレ」編集部)

ページ:
1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]

●兵役

・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識

●雲が描いた月明り

●平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

ページ上部へ戻る