張禧嬪(チャン・ヒビン)を自害させたトンイの告発/朝鮮王朝秘話4

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1694年に王妃に復位した仁顕(イニョン)王后は1701年8月に世を去った。最後
の1年半はずっと病床にいて起きられない状態が続いた。仁顕王后が亡くなった直後に、「張禧嬪(チャン・ヒビン)が呪い殺すための儀式をしていた」と、トンイこと淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)が自ら粛宗に告発した。




標的を呪い殺すための儀式

あまりにも仁顕王后を慕う気持ちが強く、淑嬪・崔氏は慟哭しながら告発に至った。それを聞いて粛宗が激怒した。
1701年9月23日の「朝鮮王朝実録」の記述を見てみよう。粛宗の備忘記(王命を記した文章)が載っている。
「内殿(ネジョン/王妃)が病を患った2年間、張禧嬪は1回もお見舞いに来なかったばかりでなく、本来なら中宮殿(チュングンジョン)と呼ばなければならないのに、必ず閔(ミン)氏と呼んでいた(名前を直接言うということは格下扱いを意味している。本来であれば最大級の尊称で呼ばなければならなかった)。さらには内殿のことを邪悪な人と評していたというではないか。それだけではない。就善堂(チソンダン/張禧嬪の住居)の西側に密かに神堂を建て、いつも2、3人の怪しげな者たちと祈祷をして、おかしなことを続けていたという。こんなことが許されるなら、いったいどんなことが許されないというのか」




つまり、粛宗は張禧嬪が仁顕王后を呪詛(じゅそ)していたと断じたのである。
呪詛は呪い殺す儀式のことだが、一番多いのは、人骨とかヤモリなどの小動物の死骸を標的とする人の部屋の周りに埋めるという方法である。それを相手が踏むことによって悪霊に憑りつかれる、というのが呪詛の考え方なのだ。(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

https://goo.gl/KUhLTS

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

https://goo.gl/jeVCTP

張禧嬪(チャン・ヒビン)はなぜ王妃になれたのか/朝鮮王朝秘話1

張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期!『トンイ』と史実はこんなに違う

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(張禧嬪編)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る