『テバク』に出てくるトンイは悪女?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2カ月で早世した王子

台本読みで笑顔を見せる主役のチャン・グンソク(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

チャン・グンソクが主演する『テバク』。韓国SBSで3月28日から放送されるが、ヨ・ジング、イム・ジヨン、チェ・ミンス、チョン・グァンリョルといった豪華共演陣とチャン・グンソクがどのような演技でからんで話を盛り上げるのか。放送前から話題が沸騰している。

劇中で描かれるのは、朝鮮王朝19代王・粛宗(スクチョン)から21代王・英祖(ヨンジョ)までの時代。チャン・グンソクが扮するのは、王子として生まれながらも捨てられてしまったテギル。結局は最下層の身分のイカサマ師になるのだが、弟でもある国王・英祖に対して国家を賭けた一世一代の大勝負を仕掛ける。

ストーリーは実にスケールが大きい。そんな設定の中で、チャン・グンソクが持つ奔放な演技力がドラマをきっと面白くしてくれるはずだ。

物語の展開を予想していて気になるのは、テギルが王子でありながら捨てられてしまった経緯だ。それは、父親の粛宗が「自分の息子ではないのでは?」と疑念を抱いたからだという。

その背景を語るうえで欠かせないのは、テギルも英祖も粛宗の側室だった淑嬪崔氏(スクピンチェシ)の息子であったということだ。




淑嬪崔氏といえば、時代劇『トンイ』の主人公になった女性だ。劇中では“トンイ”と名付けられていたが、それは制作したイ・ビョンフン監督が創作した名前であり、歴史的には淑嬪崔氏として知られる。

史実を見ると、彼女は1693年の秋に粛宗の王子を産んでいる。それが永寿君(ヨンスグン)なのだが、名前の意味に反してわずか2カ月で早世してしまった。

その翌年、再び淑嬪崔氏は粛宗の王子を出産した。それが後の英祖であり、淑嬪崔氏は王の実母という栄誉を受けることになった。

チャン・グンソクが扮するテギルは架空の人物だが、物語のうえでは、永寿君の生まれ変わりのような扱いになっている。つまり、永寿君はわずか2カ月で世を去ったのではなく、粛宗の命令によって捨てられたのだ、という設定なのだ。

ここで重要なのは、粛宗が自分の息子と確信できなかったから捨てたということだ。淑嬪崔氏は粛宗の側室だったが、朝鮮王朝時代に側室が王以外の男性の子供を産むということはまったく考えられない。

それなのに、なぜ粛宗は疑念を抱いたのか。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]

●平昌五輪
●雲が描いた月明り

●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

ページ上部へ戻る