過去の記事一覧

  • 朝鮮王朝おもしろ人物列伝(3代王・太宗編)

    第9回 武力で王の座を勝ち取った3代王・太宗 父親である李成桂(イ・ソンゲ/初代王・太祖【テジョ】)の時代に起こった後継者をめぐる骨肉の争い。それを勝ち抜いて3代王となった太宗(テジョン)。彼は、在位中にどのような…
  • 朝鮮王朝おもしろ人物列伝(初代王・李成桂編)

    第8回 朝鮮王朝を建国した初代王・李成桂 1392年に朝鮮王朝を建国したことで知られる李成桂(イ・ソンゲ)。もともと高麗の武将だった彼がどのようにして王となったのか。高麗の滅亡から朝鮮王朝の始まりについての過程を見…
  • 【連載】ヒボン式かんたんハングル10

    「基」のハングル読みは「キ」であり、日本語と同じ読み方をします。このように、「ひらがな1つで発音する漢字は、ハングルの読みもほとんど日本語と同じ」ということを利用したのが「ひらがな…
  • 終盤を迎えた『テバク』を韓国の視聴者はどう見ているか

    第20話を終えているチャン・グンソク主演の『テバク』。いよいよ、一番盛り上がる終盤の残り4話に入っていく。この時点で韓国の視聴者は『テバク』に対してどんな感想を持っているのだろうか。気になることを調べ…
  • ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔最終回〕

    最終回 『太王四神記』に主演 映画『四月の雪』の撮影は2005年6月に終わったが、その直後にぺ・ヨンジュンは体調不良で入院してしまった。それくらいぺ・ヨンジュンは精魂尽き果てた。彼はいつものように全力でドラマの撮影…
  • 韓国女性の生き方〔第9回〕

    第9回 美しい故郷の済州島がピンチです 「オルレ」を守りたい みなさん、済州島(チェジュド)のオルレをご存じですか。 済州島を知っている日本人ならば、ゴルフ場と韓流ドラマのロケ地が思い浮かぶでしょう。今…
  • K-POPの若手スターはどのように育てられるのか

    韓国の芸能事務所によって、K-POPの若手スターたちはどう育てられるのか。参考例として、日本でもよく知られている少女時代の結成過程を説明しよう。9人のメンバーは練習生の中でもエリート中のエリートだった…
  • 『テバク』を選んだチャン・グンソクの成否は?

    韓国では5月31日の放送で第20話が終わった『テバク』。いよいよクライマックスに向けて、物語は最大の佳境を迎えていく。主役テギルを演じるチャン・グンソクにとって、このドラマを選んだ成果はどのようなもの…
  • 日本の韓流に未来はあるのか

    『冬のソナタ』の大ヒットを契機にして日本で起こった韓流ブーム。それから12年が経過した。今でも韓流が日本で根強い人気があるのは確かだが、様々な問題点も指摘されている。果たして、日本の韓流はどのようにな…
  • 朋道佳のイチオシ4『応答せよ1988』

    毎回韓国で大きな社会現象を引き起こす“応答せよシリーズ”の雰囲気は独特です。『応答せよ1997』でブームを巻き起こし、二番煎じと危ぶまれた『応答せよ1994』も予想外の大ヒット。そして、三度目の正直『…

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る