FTISLANDのイ・ホンギ!新兵訓練が終わって最高の笑顔を見せる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イ・ホンギは2019年9月30日に白頭山部隊(第21師団)の新兵教育隊に入隊した。すぐに新兵訓練が行なわれ、それは5週間に及んだ。そして、イ・ホンギは新兵訓練を完全に終えて、晴々とした表情を見せた。

写真=イ・ホンギのインスタグラムより




充実した修了式

白頭山部隊が位置しているのは江原道(カンウォンド)の楊口(ヤング)郡だ。そこは韓国の最北端で、地形的には山岳地帯である。そんな場所にある白頭山部隊は、最も長い距離の軍事境界線を守っている。
その白頭山部隊の新兵教育隊で兵役をスタートさせたイ・ホンギ。5週間にわたって行なわれた新兵訓練を無事にクリアした。
通常、新兵訓練の最後は行軍だ。20キロ以上の装備を背負って20キロ以上の距離を早足で歩くのである。
この行軍を乗り切れば、最後に「お疲れさま」の親睦会が開かれ、新兵たちはジュースで乾杯して、訓練の終わりを喜びあう。
そして、ついに修了式を迎える。
修了式では新兵の胸に「二等兵」の階級証が付けられる。この修了式には、新兵の家族や友人も参列できる。




そして、修了式が終わると、家族や友人と過ごす面会時間がある。母親は息子の大好物を持参し、息子も久しぶりの「オフクロの味」を食べまくる。
さらに、友人たちと一緒に和気あいあいの時間を過ごす。まさに、友情を実感できる瞬間なのだ。
新兵訓練が終わると、いよいよ本格的な軍務が始まる。修了式のあとの面会時間は、束の間の休憩時間でもあるのだ。
今後、イ・ホンギは全力を尽くして軍務に励むことだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康熙奉の講演「韓流スターの兵役は今後どうなるか」を開催。11月23日(土)13時30分〜15時 会場は「ふれあい会議室 八重洲No14」東京都中央区日本橋3丁目3−3 加藤ビル4階No14 受講料は3,000円(税込み)。特にBTSやKポップのスターの兵役問題を解説します。詳しいことは下のリンクを見てください。
https://blog.goo.ne.jp/blueguide/e/af5a9211280f424ab66fd7ee574b56cc

9月30日に入隊するFTISLANDのイ・ホンギの除隊日はいつ?

FTISLANDのイ・ホンギが入隊する白頭山部隊(第21師団)とは何か?

BTS(防弾少年団)も対象となる兵役未了者の海外渡航制限とは?

BTS(防弾少年団)の活用が想定される「同伴入隊」とは何か

BTS(防弾少年団)の兵役免除も結局は実現しなかったのか

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る