兵役に入って1年3カ月!チャン・グンソクの日常はどうなっている?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2018年7月16日にチャン・グンソクは兵役に入った。1年3カ月が経過したが、社会服務要員として彼はどのような毎日を過ごしているだろうか。Q&A方式でチャン・グンソクの日常を見てみよう。

チャン・グンソクは入隊前の最後の作品として『スイッチ~君と世界を変える~』に主演した(写真=SBS公式サイトより)




兵役期間の短縮

質問1/チャン・グンソクがなった社会服務要員とはどんな立場なのですか。
回答/兵役法では、社会服務要員を次のように規定しています。
「社会服務要員というのは、各機関(国家機関、地方自治団体、公共団体、社会福祉施設)などで公益目的遂行に必要な社会福祉、保健・医療、教育・文化、環境・安全などの社会サービス業務および行政業務などの支援のために招集され、公益分野で服務する人のことである」
わかりやすくいえば、社会服務要員で一番多いのは役所で働くことです。あるいは、福祉施設で勤務したりもしています。一般職員のアシスタント的な仕事をすることが多いようです。

質問2/兵役で社会服務要員になると、服務期間はどれくらいですか。
回答/陸軍の現役兵になった場合に兵役期間は21カ月ですが、社会服務要員になると24カ月になります。




しかし、2018年10月から兵役期間が段階的に短縮されており、2020年6月15日以降に陸軍に入隊した人は18カ月になります。それにともなって、社会服務要員の兵役期間も21カ月に短縮されます。今は兵役短縮の過渡期であり、チャン・グンソクの場合は当初の24カ月より40日前後も短くなる予定です。
(ページ2に続く)

チャン・グンソクの兵役終了を待ちながら『スイッチ』を楽しもう!

たとえ兵役で不在でもファンの心にチャン・グンソクの言葉が甦る!

ちょうど丸1年が経過したチャン・グンソクの兵役を振り返る!

チャン・グンソクがなっている社会服務要員とは何か?

兵役に入って1年になるチャン・グンソクの近況は?

兵役中でも慈善活動を続けるチャン・グンソクは現在どうしている?

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る