BTS(防弾少年団)の活用が想定される「同伴入隊」とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初から最後まで同じ部隊

兵務庁の審査に合格すれば、親しい人と一緒に入隊して、同じ施設で5週間の新兵訓練を受ける。
この場合の新兵訓練は、前線にある部隊の新兵教育隊で行なうことが多い。
新兵訓練は5週間で終わるが、その後にどの部隊に入るかは流動的だ。新兵訓練を受けた部隊で最後まで軍務を全うすることもあれば、別の師団に移るケースもある。しかし、2人一緒というのは変わらない。
何と言っても、同伴入隊となれば一番気心の知れた人と入隊して最後まで一緒に軍務をできるので、とても心強い。
仮にBTSがこの制度を活用しようとすると、メンバーは7人なので2人ずつ3組が同伴入隊で入隊することが可能、ということになる。




メンバーが同じ時期に入隊すれば、確かに、兵役による空白期間を最短にすることが可能だ。
それだけに、BTSにとっても同伴入隊は有効活用できる制度だと言える。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

BTS(防弾少年団)の兵役免除も結局は実現しなかったのか

BTS(防弾少年団)の兵役はいつから始まるのか

BTS(防弾少年団)も影響を受ける「兵役未了者の海外渡航制限」とは何か?

BTS(防弾少年団)の兵役問題を考える時に一番重要なことは?

米メディアで入隊について語ったBTS(防弾少年団)の今後の兵役問題は?

絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る