パク・ソジュンの魅力全開の『キム秘書はいったい、なぜ?』が面白い!(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

次々に興味深いドラマを制作・放送しているtvN。とても勢いのあるケーブルチャンネルのテレビ局だが、ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』もヒット作となった。パク・ソジュンとパク・ミニョンの共演。2人の相性が抜群でラブコメの王道を行く出来栄えだ。

キム秘書が退職したい理由

タイトルからして興味をそそられる。
『キム秘書はいったい、なぜ?』
このドラマの主人公は、ユミョン・グループ副会長のイ・ヨンジュンだ。パク・ソジュンが演じている。
ヨンジュンは完璧な男。外国語が堪能で、仕事が抜群にできて、長身で、ハンサム。「完璧な人間しか愛さない」と言っている彼は、一番自分が好きだというナルシスト。常に自分が最高だと思っている。
そんなヨンジュンに長く仕えたのがキム・ミソ(パク・ミニョン)だ。秘書として有能だし、美貌もすばらしい。このキム・ミソが、突然退職を願い出るところからドラマは始まっていく。




とにかく、ヨンジュンは理由がわからない。なぜ、ミソが秘書を辞めたがるのか。
実は、ミソは自分の家が抱えていた借金をすべて返し終わり、今度は自分の人生を自由に歩みたいという強い希望を持っていた。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

イ・ジュンギが演じた光宗(クァンジョン)は凄い王だった!

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

東方神起ユンホや2PMテギョンなど兵役で名を上げたスターの活躍が頼もしい!

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る