たとえ兵役で不在でもファンの心にチャン・グンソクの言葉が甦る!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チャン・グンソクは2018年7月に兵役に入り、社会服務要員として勤務を続けている。芸能界に不在で寂しいのは確かだが、そんな日々の中でも、かつての彼の言葉を思い出すと、なぜか心がときめいてくる。




完璧なエンターティナー

あれは、2010年11月27日にパシフィコ横浜で開かれたジャパンツアーのときだった。チャン・グンソクはドラマ『メリは外泊中』で特に印象に残っているエピソードについて語った。
「キャラクターの設定上、酒に酔っているというシーンがとても多かったのですが、実際にお酒を飲んでから撮影に臨むこともありましたね。それから、僕は寒いのが苦手なのに、韓国はとても寒いんですよ。撮影のときにからだ中に携帯カイロを貼って撮影に臨みましたが、貼っていることを忘れてそのまま帰って寝てしまい、ヤケドしそうになったこともあります」
この話を聞いたときは、全身にカイロを貼ったチャン・グンソクを想像して笑ってしま
った。
2011年11月25日、都内で記者会見を開いたときにチャン・グンソクは、「今まで『アジアのプリンス』とか『ワールドプリンス』とか自分のニックネームを自分で言っていました」と語り始めた。




「それは僕自身が本物のプリンスということではなく、『プリンスに絶対なるぞ!』というメッセージを込めていたんです。今でも、自分が『アジアのプリンス』『ワールドプリンス』になりたいと思っています。次の目標は、俳優としてハリウッドや中国などいろんな国の映画に出て、韓国人の演技とかアジア人のコンテンツパワーとかを見せてあげたいですね。韓国や日本だけじゃなく、世界のいろいろなステージでみなさんのために歌って演技ができる完璧なエンターティナーになるのが夢です」
このときは、話のスケールが本当に大きかった。
(ページ2に続く)

ちょうど丸1年が経過したチャン・グンソクの兵役を振り返る!

チャン・グンソクがなっている社会服務要員とは何か?

チャン・グンソク!兵役中に山火事被災地に1億ウォンを寄付

チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

チャン・グンソクの兵役4級判定を検証する!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る