BS日テレで放送のチャン・グンソク主演『テバク』の歴史解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『テバク~運命の瞬間(とき)~』はBS日テレで2019年8月5日から放送が始まった。ドラマは歴史の事実に基づいて物語が構成されている。その背景がわからないと、ドラマを理解できない部分もたくさん出てくる。そこで、『テバク』をもっと楽しむために、ワンポイントで歴史を解説していこう。

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより




淑嬪・崔氏と張禧嬪

〔ポイント1〕時代はいつ?
『テバク』の物語は、朝鮮王朝19代王・粛宗(スクチョン)の統治時代から始まっている。第1話で淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏が粛宗に見初められるが、歴史的にそれは1690年前後と想定される。
さらに、『テバク』の全話が描く時代は、1690年前後から1728年までである。40年近くにわたる壮大なストーリーなのである。

〔ポイント2〕淑嬪・崔氏は誰?
物語の序盤で重要な役割を演じる淑嬪・崔氏。彼女は、ドラマ『トンイ』の主人公になった女性だ。そして、21代王・英祖(ヨンジョ)の実母である。王宮で水汲みや洗濯などの下働きをする女性として宮中に入ったと言われているが、歴史的にその事実は確認されていない。
生まれたのは1670年とされているのだが、何かと謎が多い女性である。




〔ポイント3〕淑嬪・崔氏のライバルは?
淑嬪・崔氏と敵対するのは、悪女として有名な張禧嬪(チャン・ヒビン)。1688年に粛宗の長男を産んでおり、1689年には側室から王妃に昇格している。『テバク』では張禧嬪が淑嬪・崔氏を徹底的にいじめるが、それは他のドラマと描き方が同じ。ただし、政治的には淑嬪・崔氏のほうが裏でいろいろな工作をしていたと推定される。本当の悪女は淑嬪・崔氏だったかもしれない。
(ページ2に続く)

『テバク』に出てくるトンイは悪女?

『テバク』では名優たちの演技に魅せられる!

『テバク』の影の主人公と呼ばれた李麟佐(イ・インジャ)は何者?

『テバク』はチャン・グンソクにどんな成果をもたらした?

放送終了を迎えた『テバク』に韓国視聴者たちはどう反応したのか

歴史がわかれば『テバク』がもっと面白くなる

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る