2014年のイ・ミンホは7つの質問にどう答えたか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年4月に社会服務要員としての兵役を終えて芸能界に復帰したイ・ミンホ。今後の活躍が大いに期待される。そのイ・ミンホが2014年に行なったインタビューを掲載しよう。当時は主演ドラマの『相続者たち』が話題になっていた。




ファンミは幸せな時間

質問1/ファンミーティングではいつも何を感じますか?
イ・ミンホ「いつもそうですが、ファンの方と過ごす時間は楽しくてアッという間です。2時間があんなにも早く感じるなんて……。ファンの方も僕に会えたことを喜んでくださり、それがパワーにつながります」
質問2/ファンミーティングを一言で表現すれば?
イ・ミンホ「まさに『幸せな時間』ですね。でも、イベントに来られない方もいらっしゃると思います。これからもファンミーティングを行なって、ファンのみなさんと楽しい時間を作りたいですね」
質問3/普段から美容に気をつかっていますか。
イ・ミンホ「僕は男くさいほうなので美容にあまり関心がないですし、細かく管理するのも向いていませんね」
質問4/それでは健康面で心掛けていることは?




イ・ミンホ「ストレスを受けない、ということですね。それから、よく食べて水をよく飲むこと。それが最高の方法だと思います(笑)」
(ページ2に続く)

イ・ミンホ 新世界を見つけたスター

チ・チャンウクの復帰作が決定!同時期に兵役終了となったイ・ミンホは?

イ・ミンホが兵役を終えて復帰して芸能界が活気づく!

ネットで批判されたイ・ミンホの兵役問題を考える

俳優イ・ミンホが福祉活動で兵役を行なう意義とは?

社会服務要員となるイ・ミンホの兵役について

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る