除隊したばかりの大物俳優たちはヒョンビンやソン・ジュンギになれるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

俳優の除隊が続いたニュースは、韓国芸能界にとってもうれしい知らせだった。ドラマの主役をまかせられる俳優が次々に復帰するので、今後はドラマそのものが活気づく。果たして、大物俳優たちは「先輩」のヒョンビンやソン・ジュンギに続くことができるだろうか。




今後の活躍は?

イ・ミンホが4月25日、チ・チャンウクが4月27日、2PMのテギョンが5月16日、キム・スヒョンが7月1日にそれぞれ除隊した。
彼らはこれから復帰第1作に取り組むわけだが、兵役前に持っていた既存のイメージにどれほどプラスアルファができるだろうか。
それによって、今後の彼らの活躍を占えるといっても過言ではないだろう。
そう考えていて思い出すのがヒョンビンとソン・ジュンギだ。
この2人は兵役で名を挙げた上に除隊後も顕著な活躍をしていることでよく知られている。
もともとヒョンビンとソン・ジュンギは、韓国芸能界の中でも「甘いマスク」と「柔らかいイメージ」でスターの仲間入りを果たしている。
たとえば、兵役に入る前のソン・ジュンギは、柔らかい物腰が持ち味だった。2010年の『トキメキ☆成均館スキャンダル』でも、甘いマスクを生かした役で人気を獲得した。彼が兵役のために入隊したのは2013年8月27日だった。




配属されたのは、軍事境界線のすぐそばだった。ソン・ジュンギは、緊張した場所で軍務と向き合った。
しかも、2014年6月には、同じ部隊で銃乱射事件が起きて数人が死亡している。これは、韓国社会を揺るがす大事件となった。おそらく、ソン・ジュンギも生きた心地がしなかっただろう。
(ページ2に続く)

『太陽の末裔』の演技に生きたソン・ジュンギの軍隊生活

除隊した2PMテギョン!まさに「堂々たる帰還」だった

チ・チャンウクの復帰作が決定!同時期に兵役終了となったイ・ミンホは?

イ・ジュンギが演じた光宗(クァンジョン)は凄い王だった!

兵役に入って1年になるチャン・グンソクの近況は?

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る