パク・シフは時代劇について何を語ったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・シフといえば、現代劇で颯爽とした姿をよく見せてくれるが、『王女の男』で演じた良家の御曹司の役も実に絵になっていた。そんなパク・シフに時代劇について聞いた。時代劇は彼にとってどんなジャンルなのだろうか(インタビューは2014年に行なわれた)。




とにかく移動時間が長い

――振り返ってみて、パク・シフさんにとって『イルジメ(一枝梅)』はどんな作品でしたか。
「『イルジメ』は、私にとって初めて時代劇に挑戦したという意味で印象深い作品でした。とにかく、アクションシーンが多かったですね。心の痛みを抱えたキャラクターという点も印象的でした」
――撮影で大変だったことは?
「この役はセリフが少なかったのに、韓国内で行かなかったところがないくらいロケ現場を転々としたんです。全羅道で『はい!』、江原道で『分かりました!』というように……。まさに、『ここで一言、別の撮影場所へ行って一言、また次の撮影場所で一言』という感じでした。それゆえ、移動時間が長くて大変だったかもしれませんね(笑)」
――『王女の男』では、愛から復讐の鬼へと化すキム・スンユの2つの異なるキャラを熱演されましたね。




「実は、この『王女の男』で印象に残っているシーンがあるんです。ムン・チェウォンさんが演じたイ・セリョンと私が演じたキム・スンユの二人がさらわれてしまったシーンなんです。朝鮮版のロミオとジュリエットというドラマだったせいか、囚われの身なのに、これが二人だからデートしているみたいで!(笑)。何とも妙な気分になって面白かったですよ(笑)」
(ページ2に続く)

パク・シフは2014年に家族についてどう語ったか

パク・シフが存分に語った『黄金色の私の人生』の面白さ!

『王女の男』の制作陣が語るパク・シフの魅力!

パク・シフの心意気!全身でステージに向かう姿にウットリ

渾身の公演レポート!「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー」

『名もなき英雄』の見どころはココ!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る