韓国のカラオケ店ではお酒が飲めないってホント?

このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒が飲めるカラオケ店は?

ノレバンが最も賑わうのは夜。友人や会社の同僚たちとまずは腹ごしらえをして、その後も他の店でお酒をたっぷり飲んで、意気揚々とカラオケを歌いに出かけてきます。
では、韓国ではお店で歌いながらお酒を飲むことができないのでしょうか。
実は、そうではありません。ノレバンでは禁止されているお酒も、「ノレチュジョム」(「チュジョム」は「酒店」という意味)に行けば存分に飲むことができます。ここは日本のスナックのようなところ。お店の女性が接客してくれるケースもあります。その場合は、お客の大半は男性です。
ノレバンは1時間の値段が人数に関係なく1室2000円前後(店と広さによって違います)ですが、サービス精神が旺盛な韓国では、ノレバンのサービスも本当に充実しています。




料金は前払いで最初に歌う時間を決めるのですが、終わりの時間が近くなると、お店の人がサービスで10分、20分……と延長してくれたりします。中には、店主の気前がよくて1時間の料金で3時間も利用した、なんてこともあるほどです。このサービスも日本とは違うユニークな点と言えるでしょう。

文=「ロコレ」編集部

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

日本と違う韓国のビックリ(1)

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る