イ・ソジンが『イ・サン』を盛り上げたエピソードが面白い!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イ・ソジンが主演して大ヒットした時代劇『イ・サン』。主役の彼は、趣味にスポーツとロッククライミングを挙げるだけあって、運動神経が抜群だった。劇中の乗馬シーンも、スタントマンなしで見事にこなした。




何でも工夫するイ・ソジン

イ・ソジンにとっては、アクションシーンもお手のものだった。無事に即位式を終えた正祖(チョンジョ)が、警戒態勢解除後の隙をついて侵入した刺客に襲われるシーンでは、自ら刀を手に取って、激しい殺陣を繰り広げた。
正祖が賊を撃退したという記録はないが、刺客に立ち向かう勇敢な王のイメージを視聴者に強く焼き付ける演技だった。
劇中の正祖は、弓の腕前も武官たちより上。文武両道を究める王のイメージは、まさにイ・ソジンの抜群の身体能力と知性あふれる演技から生まれたといえるだろう。
また、イ・ソジンは現代風の演技を『イ・サン』の中にどんどん取り入れていた。
例えば、正祖がソンヨンに書物や絵を渡すシーンが何度か登場する。イ・ソジンはそこで「ただ渡すだけでは、面白くない」と考えた。
そこで、彼は何をしたか。




なんと、物を空中で一回転させてから手渡すのである。
これにはイ・ビョンフン監督も呆れたらしいが、すべてオンエアされたという。
(ページ2に続く)

イ・ソジンが『イ・サン』で見せた最高のアドリブとは?

イ・ソジンは『イ・サン』の後の作品について何を語ったか(前編)

イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(前編)

イ・ソジンは2009年のファンミで何を語ったか(前編)

傑作『イ・サン』の主役にイ・ソジンが選ばれた理由とは?

『イ・サン』の主人公の正祖(チョンジョ)は本当に名君だった?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る