韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国で楽になった部分

夫は、妻が日々の生活の中で精神的にどんどん強くなっていくことを実感した。
「最初付き合い始めたときはおとなしかった。凄くきれいだったし、いい人だなと思ったんです。でも、実際に結婚してからだんだん地が出てきた。相当気が強くなってきました。結局、女性というものは韓国と日本も変わらないんですね」
そう言って夫は笑った。




妻はこう言う。
「夫婦喧嘩もよくしますけど、韓国に来て本当は楽になった部分もあります。韓国では自分を抑える必要がないので……。日本では小さい頃から我慢しなければならない場合が多かったけれど、韓国にはそういうのがない。日本にいたときよりも自分が自由になった気がします」
そう語っていた妻の表情が忘れられない。
2人は今も元気で一緒に焼肉店を切り盛りしているのだろうか。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

日本と違う韓国のビックリ(1)

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:
1 2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る