韓国では夫婦なのに妻がなぜ夫をオッパー(兄さん)と呼ぶのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマを韓国語で見ているとわかります……夫婦の間でも妻が年上の夫をオッパー(兄さん)と呼んだりしています。結婚前の癖が抜けないのでしょうが、日本から見れば、ちょっと違和感があります。




恋人同士の呼び方

人間関係や上下関係を厳しく律する儒教思想が社会全体に浸透している影響なのか、韓国語では、相手への呼びかけの言葉が日本語以上に細分化されています。
たとえば、「姉さん」と呼ぶときも、男性が言う場合と女性が言う場合が違います。男性は年上の女性を「ヌナ」と呼び、女性は年上の同性を「オンニ」と呼びます。
「兄さん」も同じで、男性は年上の同性を「ヒョンニム」と呼び(この「ニム」は「様」という意味なので、親しい間柄ではそれを省略してただ「ヒョン」と言う)、女性は年上の男性を「オッパー」と呼びます。
東京では、いくら年上でも他人であれば「兄さん」「姉さん」とはあまり言いません。しかし、関西ではそういう言い方をよくします。韓国の場合は、100%そういう言い方をして、男性なら年上を「ヒョンニム」「ヌナ」と呼び、女性なら「オッパー」「オンニ」と呼びます。




ここで、恋人同士の呼び方が問題になります。普通、男女のカップルの場合は、男性が年上のケースが多いようです。そんなときは、恋人同士でも女性は男性のことを「オッパー」と呼びます。
この場合、男性は女性のことを親しみを込めて名前を呼び捨てにします。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る