日韓の二千年の歴史18/和議の提案

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

豊臣秀吉の大陸制覇の野望を早くから察知していた明は、豊臣軍の攻撃を知ってからもしばらく様子をうかがっていたが、ついに援軍を出した。しかし、1592年7月に平壌(ピョンヤン)で豊臣軍を駆逐しようとした明は、逆に敗退を喫した。




碧蹄館の戦い

明は日本の兵力をあなどっていて、武器や兵士の数が十分ではなかった。
戦略の誤りに気づいた明は、今度は本格的な救援軍を送ってきた。周辺の異民族との戦いに慣れている明はやはり強かった。1593年1月、猛将・李如松が指揮する明の軍勢は、平壌において小西行長軍を破った。
すでに冬になり、豊臣軍は厳しい寒さと食糧不足に悩み、上陸当初の勢いはまったくなかった。
平壌を取り戻した明は、都の漢陽(ハニャン)に向けてどんどん南下していった。危機感を持った豊臣軍は、漢陽の北側にある碧蹄館(ペクチェグァン)で明の軍勢と激しく争った。
「いったん引き下がって様子を見る」
李如松はこう決断して明の軍勢は碧蹄館から遠ざかった。




石田三成を初めとする朝鮮奉行たちは、情勢を分析したうえで、咸鏡道(ハムギョンド)に展開している加藤清正に漢陽まで下がってくるように命じた。
ただ、それもたやすいことではなかった。各大名の配下にいた軍勢の消耗が激しかったからだ。
兵力の半分近くまでを失う状況がどの大名にも見られた。
(ページ2に続く)

日韓の二千年の歴史1/海を渡る人々

韓国はなぜ分断国家になったのか

日本に留学した韓国人がビックリするほど実感したことは?

ソウルに転勤となった日本人社員がホトホト困ったことは?

日本人が韓国に興味を持って留学した理由とは?

日本で多い「老舗」が韓国ではなぜ極端に少ないのか?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る