兵役の義務を高貴に果たす2PMテギョンの堂々たる人生!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役中の2PMのテギョンが、兵務庁から「模範兵士」に選ばれたニュースは韓国でも大きく報道された。彼は「健全な兵役文化を定着させるために大きく貢献した」ということで表彰されたのだが、韓国社会で称賛を受けている。

写真提供=51K




現役兵としての軍務を熱望

韓国の兵役業務を司る兵務庁は、「健全な兵役文化」の育成に力を入れていて、兵役文化の貢献者を定期的に表彰しているが、2019年4月2日にはテギョンが「模範兵士」としての感謝状を贈られている。
テギョンの兵役に対する取り組みが高く評価された結果なのだが、一連の彼の言動を見ていると、この表彰は大いに納得できる。
そもそもテギョンは、アメリカの永住権を持っていて、兵役免除になる可能性が高かった。外国の永住権を持っていれば、兵役の対象にならないからだ。
しかし、彼はその選択をしなかった。
また、テギョンは腰に持病があって、最初の徴兵検査で「現役兵ではなく社会服務要員」と判定された。それでも、彼は現役兵として兵役を遂行することにこだわり、2回にわたって腰の手術を行なって、再度の徴兵検査で現役兵の判定を受けた。
これは、韓国でも稀な例だ。兵役で社会服務要員になれば厳しい軍務を回避できるからだ。テギョンのように現役兵を熱望する人は本当に珍しい。




さらには、TOEIC(英語力を判定する世界共通のテスト)で990点満点を取った過去があるので、語学兵に志願したら希望を叶えられはずだ。
語学兵は通訳をしたり、軍事論文や新聞報道の翻訳をしたりする。語学のエリートだからこそ可能な仕事がたくさんあり、英語が得意なテギョンにうってつけの軍務だったのだが……。しかし、彼は語学兵に志願しなかった。
他の人が羨(うらや)むような条件を選ばず、テギョンはひたすら現役兵にこだわった。そんなテギョンは、兵役に入る前にこう語っていた。
「兵役は男子であれば誰もが一度は経験すること。当然、果たさなければならない義務の一つです」
「結婚して子供に聞かれたときに兵役のことを話してあげられるし、自分自身に堂々としていたかった」
まさに、有言実行の男だ。
(ページ2に続く)

総まとめ/2019年上半期の兵役スター除隊予定日は?

「模範兵士」と認められた2PMテギョンの除隊日は?

除隊まで3カ月を切った2PMテギョンの現況は?

「助教」は2PMのテギョンにふさわしい兵役!

白馬部隊でスタートした2PMテギョンの兵役生活!

2PMテギョンが現役兵入隊にこだわる事情

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る