2PMテギョンが現役兵入隊にこだわる事情

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2PMのテギョンは最近、「来年初めに入隊する予定」と明らかにした。彼の兵役入りがカウントダウンの状況になってきたわけだが、テギョンの場合は、徴兵検査で社会服務要員(かつての公益勤務要員)の判定を受けたのに現役入隊にこだわって二度も手術をしたことがよく知られている。なぜ、彼は現役入隊にこだわったのか。

7zmz6cuaicnc4ir1475468778_1475468910

徴兵検査で1級~3級が現役兵

テギョンの生年月日は1988年12月27日だ。兵役独特の年齢計算によると、彼は来年1月1日から29歳扱いになる。

兵役は30歳を越えて延期できないので、テギョンが来年早々に兵役入りするのは賢明な選択だといえるだろう。




本来、テギョンは腰に持病があって、最初の徴兵検査で「現役兵ではなく社会服務要員」と判定された。

もっと詳しく言うと、徴兵検査で1級から3級までが現役兵の対象となり、4級に判定されると社会服務要員として軍務の代替を行なう。

この場合は、区役所などで勤務する例がとても多い。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る