韓国のビックリ/追記編27「並ぶのは時間の無駄」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

平日の午前11時に渋谷で地味な映画を見た。ガラガラだと思ったら、空いていたのは最前列だけ。年配の人たちが、しっかり座席を埋めている。仕方がないので最前列に座り、できるだけ視野を広く取ろうと務めながら、必死にスクリーンを凝視し続けた。




出口に殺到する観客

目が疲れた頃、ようやくエンドロールになった。
誰も席を立たない。
スクリーンにはスペイン語の人名が次々に映し出されている。
結局、エンドロールが終わって明かりがつくまで、すべての観客が自分の席でジッとしていた。
私はトイレに行きたかったのだが、出るに出られなかった。これが日本の映画館なのである。
観客も、エンドロールをクライマックスの一部と考えている。それを見ないで帰ることは、映画を完全に見たことにならない。
もちろん、エンドロールの途中で帰る客もいる。それでも日本では、エンドロールが終わるまで席に留まる客のほうがずっと多いだろう。




一方の韓国。
超満員の観客が入ったアクション映画を見たときのことを思い出す。
エンドロールになった途端に、観客が一斉に立ち上がって帰り始めた。
私は席を立たなかった。エンドロールが流れている間は、映画の余韻にひたろうという気持ちがあったからだ。
しかし、韓国の観客は容赦がない。余韻にひたる間もなく、出口に殺到している。
劇場もせっかちだ。まだエンドロールが流れているのに客席の明かりがついて、おじさんが現れて掃除を始めた。
私も意地になって席に座っていた。
(ページ2に続く)

韓国のビックリ/追記編28「済州島の海女」

日本と違う韓国のビックリ(1)

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る