2PMテギョン!除隊まで1週間を切って最後に何をしている?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イ・ミンホやチ・チャンウクなど、最近はスターの除隊のニュースが相次いでいる。そして、今度は2PMのテギョンが芸能界に戻ってくる。彼は5月16日に兵役を終えて除隊する予定だ。

 




「うれしい多忙」とは?

テギョンが2017年9月4日に入隊したとき、除隊は2019年6月3日の予定だった。当時の兵役期間は21カ月だったからだ。
しかし、2018年から兵役期間の段階的な短縮が行なわれており、テギョンの除隊日は18日早くなった。それによって、彼の除隊は5月16日になったのだ。
一般の例として、除隊まで残り1カ月になると、社会復帰のための準備に時間を費やすことになる。
まずは、社会に出たときに備えて、世の中の変化に対応しておく必要がある。
韓国社会の変化は激しい。軍隊に長くいると、世間の変化にかなり疎くなっている。そうした変化に対応できないと、除隊後に大きく戸惑うことになる。
そういうことがないように、除隊前の1カ月で世の中の変化を見極め、そのために必要な情報を得ていく。そうした時間を持つことは、軍隊の中でも十分に許容されている。




また、除隊まで1週間ほどになると、軍隊で支給された服や物品を整理することが欠かせない。いわば、身辺整理に時間を取られるのだ。しかし、これは本人にとって「うれしい多忙」であろう。
さらに、一般の兵士と違って芸能人の場合は、除隊の直前に、師団に所属する職業軍人から頼まれることが急増する。
(ページ2に続く)

兵役文化に新しい視点を加えた2PMテギョンの功績!

兵役の義務を高貴に果たす2PMテギョンの堂々たる人生!

「助教」は2PMのテギョンにふさわしい兵役!

2PMのテギョンが担当する「助教」とは何か?

白馬部隊でスタートした2PMテギョンの兵役生活!

2PMテギョンは大丈夫だけれど「助教」はとかく恨まれる!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る