韓国のビックリ/追記編23「韓国のスポーツ事情」

このエントリーをはてなブックマークに追加

選手は早めの実績が必要

韓国の高校では、日本のように人気スポーツの運動部がズラリと揃っておらず、「この高校はサッカー部」「あの高校はバスケットボール部」という具合に、振り分けられてしまっている。
振り分ける理由は、運動部にかかる経費を抑えるためだ。どの高校にも人気スポーツの運動部があれば経費がかかりすぎる、というのが韓国の学校スポーツの考え方になっている。
その結果、高校野球の全国大会をめざす学校が55校前後、という極端なことが起こってしまう。




これだけ少ないと、子供の頃から野球の素質がある生徒も必死である。たとえば、中学時代に自分が所属する野球部が全国大会でかなり優秀な成績をあげないと、高校では野球部に入れないのである。
逆に言えば、55校前後の高校野球部に入ってくるのは、中学時代に実績がある生徒ばかりである。つまり、中学までに優秀な成績を挙げておかないと、高校の野球部でプレーできない、ということになる。
このように、中学の段階から実績のない選手を早く振り落としていくのが韓国スポーツ界の現実だ。それは野球だけでなく、サッカーやバスケットボールでも同じである。
(ページ2に続く)

韓国のビックリ/追記編24「されど韓国の女性は強し!」

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る