『トッケビ』から2年!黄金の40代に入るコン・ユの情熱とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

本当の勝負

人によって違うのだが、男の40代は「人生のど真ん中」という意識が強くなる。
たとえば、峠のてっぺんに立った、という印象だ。
以後は、ゆるやかな下り坂が待っている。もちろん、人生そのものが“下り”に入るわけではないが、体力的には徐々に疲れを感じる。その分、精神的に高揚して情熱的になる、とも言える。
さらに言うと、40代に入ると「これからが本当の勝負!」と覚悟を決められる。




それだけに、自分が信じた道をまっすぐに堂々と歩いていけばいい。失敗もあるだろうが、恐れてはいけない。
なにしろ、“失敗”とは挑戦した証でもあるのだから……。
コン・ユが出演作を選ぶ基準は「自分に新しいものをもたらしてくれる作品かどうか」ということ。2つの映画は彼の情熱を大いにかきたてるものなのだ。
黄金の40代を迎えるコン・ユが楽しみだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コン・ユが『トッケビ』以降の休養期間を経て再び躍動期に!

深遠な世界に生きるコン・ユこそが「トッケビ」そのものでは?

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

映画『徐福』でマルチな才能を開花させるパク・ボゴム!

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る