日本と違う韓国のビックリ33

このエントリーをはてなブックマークに追加

2人が双璧

なにしろ、韓国は詩集が常にベストセラーになる国であり、小説にも人間の生き方を問うテーマが求められてきた。
それだけエンタメ系の小説が少ないのだ。
そういう事情があって、ミステリーを含めたエンタメ系の作家がなかなか出にくいのが韓国文学界の現状であった。




結果的に、純文学からミステリーまで非常に広いジャンルで活躍している日本の作家の小説というのは、韓国にしてみると、足りないジャンルを補ってくれるのだ。
しかも、韓国では以前から日本の歴史小説を読む年配の人が多かった。つまり、日本の小説を読む下地があったということだ。
今後も、東野圭吾と村上春樹を双璧として日本人作家の小説が韓国で人気を獲得していくことだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

日本と違う韓国のビックリ34

日本と違う韓国のビックリ(1)

韓国女性の生き方〔第1回〕

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る