入隊した元INFINITEホヤ、BTOBミンヒョク、ハンヘの兵役事情とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

K-POPで活躍したメンバーたちが続々と入隊している。2019年2月7日には、元INFINITEのホヤ、BTOBのミンヒョク、元Phantomのハンヘらが入隊した。2月7日は木曜日である。この日の入隊にはどんな意味があるのか。




義務警察の新兵訓練

2月7日に入隊する芸能人が多かったのは偶然ではない。
その背景を見てみよう。
たとえば、毎週の月曜日に入隊する場合は、陸軍の現役兵として軍務に就くことがほとんどだ。
その一方で木曜日の入隊だと、義務警察やその他の公的機関で代替服務を行なうケースが多い。実際にミンヒョクやハンヘは義務警察に合格している。
義務警察で代替服務をする人の新兵訓練の期間は4週間だ。陸軍の現役兵の新兵訓練は5週間なので、義務警察は1週間短くなる。
その分、新兵訓練が終わった後に義務警察の新人訓練のセンターで研修を受け、その後に各地の地方警察庁に所属することになる。




ミンヒョクやハンヘのように義務警察で兵役を履行する芸能人は多いのだが、2023年までに廃止されることが決定している。
その理由は、韓国の極端な少子化が関係している。
(ページ2に続く)

今年(2019年)除隊する大物芸能人!除隊日の総まとめ

韓流スターの兵役が気になったらこれだけは絶対に知っておこう!

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?

韓流スターの兵役で特に知っておくべきこと

チャン・グンソクの復帰も早まる!社会服務要員の兵役が24カ月から21カ月に短縮

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る