第3次韓流ブームはいつまで続くのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

根強いファン層に支えられて

第3次韓流ブームは今が真っ盛りだ。
日韓関係は政治的に悪化して、世論調査で「韓国が嫌い」と答える日本人は増えたのだが、「韓国が好き」という人は減っていない。これが心強い。政治に関係なく、若い人たちは情熱的なカルチャーとして韓流を楽しんでいる。
今や韓流は「ブーム」ではなく、日本の大衆文化の中で「ジャンル」として定着してきたと言える。




「ブーム」なら一過性なのだが、「ジャンル」となれば根強い人が支えていて、そう簡単に衰退することはない。そういう意味で「第3次」を支えているファン層は固い。
そんな中で、2019年にはBTS、TWICE、IZ*ONEなどのさらなる活躍が期待される。特に、TWICEとIZ*ONEは日韓ポップスの広がりを感じさせるグループで、今後も日本での多面的な活動が予定されている。
間違いなく、韓流はエネルギッシュに動いている。
K-POPでは次々と新しいスターグループが誕生しているし、ドラマの分野でも企画力に優れた作品が放送されている。
今後もしばらくは韓流が日本を熱くする。そういう意味で、「第3次」の人気は2019年も持続していくだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康熙奉(カン・ヒボン)著『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(実業之日本社)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

今年(2019年)除隊する大物芸能人!除隊日の総まとめ

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

年末に誰もが実感するのが「2018年はBTSの年!」

最前線の部隊で兵役を始める芸能人が多くなった理由は?

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る