朝日新聞が報じた「韓流で賑わう新大久保」!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

朝日新聞の夕刊で「平成はいま」という連載シリーズが掲載中だが、12月22日付けの夕刊では「韓流ブーム」を取り上げていた。韓流ファンで賑わう新大久保を取り上げた記事だが、掲載された写真を通して韓流ブームの活気が伝わってくる。

新大久保の賑わいを報じる朝日新聞の12月22日付け夕刊




政治的な悪化にもかかわらず……

朝日新聞に掲載された記事の出だしは次のようなものだった。
「東京・新大久保のコリアタウンが再び、活気づいている。チーズタッカルビやハットグなど韓国の食べ物が『インスタ映えする』と流行。通りは若者らであふれている」
実際、2018年も年末を迎えて新大久保の人出はますます多くなっている。
政治的に日韓関係は「最悪の状況」と言われるが、韓流はそんな影響を受けていないように思える。
日本のメディアの世論調査を見ていると、「韓国が嫌い」とい人は増えているのだが、「韓国が好き」という人は減っていない。
つまり、こういうことではないのか……政治や経済にかかわらず韓流が好きなのは変わらない、と。




特に若い人たちは、政治と切り離して自分が好きな「韓国」を追いかけている。それが、K-POPのスターであり、グルメであり、ファッションであり、美容なのだ。
しかも、賑わっているのは新大久保だけではない。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る