英祖(ヨンジョ)は偏屈な王だった/朝鮮王朝人物実録3

このエントリーをはてなブックマークに追加

[英祖(ヨンジョ)の人物データ]

英祖の生没年/1694~1776年
英祖の在位期間/1724年~1776年
英祖の父/19代王・粛宗(スクチョン)
英祖の母/淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏

写真=植村誠




悲劇の親子

英祖(ヨンジョ)といえば、1762年の大事件が有名である。
それは、次の国王の座が約束されていた思悼世子(サドセジャ)を米びつに閉じ込めて餓死させた事件である。
あまりにも悲惨な出来事であり、息子を米びつに閉じ込めた英祖は、無慈悲な父と思われてきた。
確かに、やってはいけない暴挙である。
しかし、英祖はなぜそこまでやらなければならなかったのか。
「朝鮮王朝実録」の記述をこまめに読んでいくと、英祖が朝鮮王朝の王位継承を深刻に憂慮していたことがわかる。




思悼世子は頭脳明晰な世子(セジャ)であったはずなのに、成長するとともに酒乱で素行が悪くなり、側室を殺したり家臣に暴力を振るったりしていた。しかも、怪しげな人物たちと放蕩を繰り返した。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(21代王・英祖編)

英祖(ヨンジョ)の人生がよくわかるエピソード集!

康熙奉の朝鮮王朝秘話!英祖と思悼世子の確執1

果たして英祖(ヨンジョ)は誰の息子なのか/朝鮮王朝秘話6

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る