光海君(クァンヘグン)の栄光と転落/朝鮮王朝人物実録1

このエントリーをはてなブックマークに追加

惨めな余生

さいはての地に送られたことにショックを受けた光海君は、島に着いて慟哭(どうこく)した。役人が「ご在位中に悪い官僚たちに惑わされなければよろしかったのに……」と必死に慰めたという。
気を取り直したあと、光海君は済州島で生き続けた。




先王としての尊厳を守られたとは言えなかったが、屈辱を胸にしまって島の暮らしになじもうとした。
世を去ったのは1641年で66歳だった。王宮を追われてから18年の歳月が過ぎていた。あの燕山君が島流しにあって2カ月ほどで息絶えたのとは正反対だった。
その後、光海君に対する歴史的評価はかなり変わった。今では、彼の政治的な業績を評価する風潮になってきた。
実際、クーデターの首謀者で光海君のあとに王位についた16代王・仁祖(インジョ)は、統治に大失敗した。その結果、朝鮮王朝は後金(後の清)の侵攻を許して屈辱的な謝罪を強いられている。
もし光海君が続けて王位にいれば、朝鮮王朝は屈辱にまみれることはなかっただろう。もっと光海君に政治をまかせれば良かったのだが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

光海君(クァンヘグン)と臨海君(イメグン)!兄弟同士の骨肉の争い

『華政(ファジョン)』に登場!光海君(クァンヘグン)の実像〔第1回〕

光海君(クァンヘグン)の末路!廃位になった後どうなった?

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る