朝鮮王朝三大悪女の中で一番悪女でないのが張禧嬪(チャン・ヒビン)!

このエントリーをはてなブックマークに追加

善と悪の図式

将来王になる男の母が死罪となれば、後々に禍根を残す可能性が高かった。翻意を求められた粛宗ではあったが、彼は決定を変えなかった。
1701年、張禧嬪は42歳で死罪となった。
以後、「善の仁顕王后」対「悪の張禧嬪」という図式が今に至るまで残り、張禧嬪は酷評を受け続けてきた。
しかし、世間が言うほど本当に悪女だったのか。




そこには、つくられた「悪」という要素がなかったのだろうか。
なぜかというと、張禧嬪に関する世間の評判は、「朝鮮王朝実録」の粛宗時代の記述がもとになっているからだ。ここで、その記述の背景を見てみよう。
粛宗は在位が46年間に及んだので、実録をまとめる作業に大変な時間がかかった。しかも、次の王となった景宗(キョンジョン/張禧嬪の息子)が在位4年で世を去ったために、その作業は英祖の時代に引き継がれた。
それを機に編纂責任者が交代し、実務担当者は英祖の息がかかった者ばかりになった。英祖は淑嬪・崔氏の息子であり、その母は張禧嬪と対立していた。こうした経緯もあって、「朝鮮王朝実録」の編纂作業は張禧嬪に不利な形になってしまった。
三角錐は、上から見たら丸だが、横から見たら三角である。同じ物でも角度が変われば見え方が違う。ましてや、人間の感情が入れば、同じ事実でもまるで違う表現になってしまうだろう。
張禧嬪は果たして、本当に悪女だったのか。あるいは、周囲によって人物像を歪められただけなのか。彼女の実像は謎に包まれている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

張禧嬪(チャン・ヒビン)はなぜ王妃になれたのか/朝鮮王朝秘話1

張禧嬪(チャン・ヒビン)はワガママ粛宗(スクチョン)の犠牲者の1人!

張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期!『トンイ』と史実はこんなに違う

「張禧嬪(チャン・ヒビン)よりトンイが悪女!」と言える3つの根拠

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(19代王・粛宗編)

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る