なぜ韓国ではドラマの制作本数がこれほど多いのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ好きの国民性

韓国ではドラマを見ながら、実際にテレビに向かって話しかけたりする人がたくさんいます。
悪人が主人公に何か悪いことをしたら、「絶対に許さない!」と本気で思って見ている人もいます。
特に中年以上の視聴者が多い「毎日ドラマ」(題材はホームドラマがほとんど)の場合、主人公の俳優を本名ではなく役名で呼ぶ人が多いのです。




たとえば、人気の「毎日ドラマ」の主人公を街で見かけた中年の人は、その俳優を役名で呼びながら「最近大変だろう?」とドラマで描かれた出来事を心配します。ドラマは作り話であることをもちろん知っていますが、あまりに集中して見ているために、視聴者は知らずのうちにドラマの中に感情移入してしまっています。
人との感情の共有に快感を求める韓国人。誰もが人との距離を縮めようとしていますが、そんな韓国人はドラマに出てくる架空の人物たちの人生にも強い関心を持っています。それが、「ドラマ好きの国民性」につながり、そうした需要に応えて、たくさんのドラマが制作されています。

構成=「ロコレ」編集部

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る