朝鮮王朝の国王はどんな人たちだったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

康熙奉(カン・ヒボン)著の『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(実業之日本社)が発行されました。この本には、韓国時代劇に登場する様々な国王が紹介されています。同書を通して、朝鮮王朝の国王にスポットを当ててみましょう。

康熙奉(カン・ヒボン)著『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(実業之日本社発行)




王の毒殺説

政治から見た朝鮮王朝の一番の特徴は、「王が統治する中央集権国家」だったということです。
日本の江戸時代は、幕府が各藩の大名を支配するという封建的な幕藩体制が政治機構になっていましたが、朝鮮王朝は王の直接的な支配が国土の隅々に及ぶ中央集権体制になっていました。
その中で頂点に位置する王は、今で言えば、大統領であり、総理大臣であり、最高裁判所長官であり、警察庁長官でした。
すべての権力を握っていました。それだけに、「どんな王が統治していたか」ということは、その時代を理解する上できわめて重要です。
とにかく、王は激務でした。
こなさなければならない仕事が1万種もあったと言われています。起きてから寝るまで執務に追われて疲労困憊だったようです。
27人の王の平均寿命は約46歳。当時としては最高の医療を受けて極上の食事をしたわりには長生きしていません。
もっとも、運動不足と栄養過多で口内炎が多かったと言われています。むしろ、粗食のほうが長生きしたかもしれません。
王の中で最も在位期間が短いのは12代王の仁宗(インジョン)で約8カ月です。1年も玉座に座れなかったのですが、彼の場合は毒殺された可能性が非常に高い、と言われています。




継母が自分の息子を王位につけるために、血がつながっていない仁宗に一服盛ったというわけです。このような話が朝鮮王朝の歴史にはゴロゴロしています。
27人の中で「毒殺された」と噂されている王は何人もいます。それだけ王位争いが激しかったのです。
(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)はワガママ粛宗(スクチョン)の犠牲者の1人!

今の韓国で朝鮮王朝は「思い出の揺りかご」なのか?

なぜ韓国時代劇はこんなに面白いのか

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后を物語る赤いチマ岩の伝説とは?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る