韓国ドラマになぜ「舌打ち」がよく出てくるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマを見ていると、「日本と違うなあ」と思うことがよくあります。その1つが、俳優がセリフを言うときによく舌打ちをすること。これには、どんな意味があるのでしょうか。

女性が多用する

日本では何か気に入らなかったときや怒ったときなどにする舌打ち。どうしても、悪いイメージがあります。
相手に配慮して、日常生活の中ではあまり見かけませんが、韓国では老若男女を問わず、ごく当たり前に舌打ちをします。
韓国人は自分の感情をよく表に出すと言われますが、舌打ちもその1つです。ただし、「チッ」と舌打ちだけをすることはあまりありません。




むしろ、「エーイ、チッ、だってあなたは○○じゃない」というように、話し言葉の流れの中で使われることが多いようです。
さしずめ、意味としては「なにさ」「なんなのよ」といったところでしょうか。
基本的には相手に対する不快感を表したり、相手の言葉に反論する際に用いられますが、どちらかというと男性よりも感情表現の豊かな女性が多用します。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る