韓国人の名前は時代によってどう変わったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国人の名前で代表的な例を言うと、現在の70代前半の男性は「永(ヨン)」という漢字が入った名前が多く、女性は「子(チャ)」という漢字を持った名前が多いようです。それは、なぜなのでしょうか。




繁栄への希望を感じる名前

韓国人の名前も、時代によってかなり違います。
韓国が日本の植民地支配から解放された1945年に生まれた男性で一番多い名前は、ヨンス(永洙など)で、2位がヨンホ(永浩など)、3位がヨンシク(永植など)、4位がジョンウン(正雄など)、5位がヨンギル(永吉など)、6位がヨンイル(永一など)と続きます。
4位のジョンウンを除き、「ヨン」の字が多いのが目に付きます。「ヨン」には、永、英、栄などの漢字が当てはまりますが、特に「永」の字が多かったようです。1945年というと、第2次世界大戦が終わった年で、当時の男性の平均寿命は35歳程度だったといいます。末永く生きてほしいという、親の願いがこもっているのです。
この年に生まれた女性では1位がヨンジャ(永子など)、2位がチョンジャ(正子など)、3位がスンジャ(順子など)、4位がチュンジャ(春子など)、5位がキョンジャ(慶子など)といった具合に、名前の上位10位のうち、「子」の付く名前が9つを占めます。この時代はまだ、日本の名前の影響を強く受けていました。




ところが、1975年生まれの女性ではトップ10に、「子」の付く名前は一つもありません。ちなみに1位はミヨン(美映など)、2位はウンジョン(銀貞など)、3位はウンジュ(恩珠など)、4位はウニョン(銀英など)、5位はヒョンジュ(賢珠など)、6位はウンギョン(銀京など)と続きます。
上位で目立つのは「ウン」の字。漢字では「銀」か「恩」ですが、経済成長が始まりだした時期で、繁栄への希望が感じられます。
(ページ2に続く)

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る